近藤勇の「虎徹」オークションに

お金
1: 夜のけいちゃん ★ 2020/06/08(月) 06:26:57.77 ID:2E/HexMi9
近藤勇が所持していた可能性が指摘されている刀
幕末期に活躍した新選組の局長、近藤勇が所持していたとされる愛刀「虎徹(こてつ)」がネットオークションに出品され、研究者の間で話題になっている。専門家の見立てで刀は「偽物」。ところが鞘に書かれていた文字から、これが「近藤勇の刀」であった可能性が高いという。

オークションに出品されたのは、江戸時代の刀工「長曽祢虎徹興正」(二代目虎徹)の銘が入った刀と木製の鞘。昨年7月に出品され、約95万円で落札された。鞘には近藤の刀を持っていたと伝わる明治の政治家、金子堅太郎伯爵の筆とみられる文字で、近藤が神奈川宿の中村家に渡したものを当主の源兵衛から手に入れたと書かれている。

ソース https://special.sankei.com/a/life/article/20200608/0001.html

285: 不要不急の名無しさん 2020/06/08(月) 18:38:15.74 ID:TuCJLBbD0
>>1
せっかくだし剣術でも学んでいけ
https://youtu.be/6yxSrpArO4g

2: 不要不急の名無しさん 2020/06/08(月) 06:29:25.64 ID:A9tky+6M0
とうらぶ腐女子がアップをはじめますた
4: 不要不急の名無しさん 2020/06/08(月) 06:30:05.38 ID:9l9XJr2Y0
近藤勇の刀というのが偽、というわけでなく、
近藤勇の刀は正しいが、近藤は虎徹と信じた刀を愛用してたがそれは偽物だったって事?
6: 不要不急の名無しさん 2020/06/08(月) 06:30:42.87 ID:2E/HexMi0
>>4

そう読めるw

17: 不要不急の名無しさん 2020/06/08(月) 06:40:19.14 ID:I09oWkTw0
>>4
新撰組血風録では近藤勇が贋の虎徹を買うエピソードが有る。
おそらく史実に基づいたエピソードで、新撰組の誰もが贋物だと思っていたのに、勇はその刀を虎徹と信じて愛した。
8: 不要不急の名無しさん 2020/06/08(月) 06:31:27.98 ID:xdMfj80y0
めちゃくちゃ儲かったんやない
9: 不要不急の名無しさん 2020/06/08(月) 06:33:36.23 ID:Wqsd5J990
95万が基本値としたら
結婚資金やマンション資金を動かす腐女子もいそう
でも、本物だとしたら本当に人を切った凶器だな…
10: 不要不急の名無しさん 2020/06/08(月) 06:34:22.69 ID:0xMIm9e90
近藤は贋作掴まされた、ってのは有名な話で、
その贋作を本人がプレミア化しちまったw
187: 不要不急の名無しさん 2020/06/08(月) 09:11:57.81 ID:DYzMNcVM0
>>10
「贋作を本人がプレミア化」っていうのは面白い発想だなw
12: 不要不急の名無しさん 2020/06/08(月) 06:37:10.47 ID:thOQ9Rd30
妖刀だから買った人死ぬな
14: 不要不急の名無しさん 2020/06/08(月) 06:38:19.44 ID:Wqsd5J990
実際偽物(本物)でも人を呼べる代物だしな
京都の博物館や壬生寺に有ってもおかしくないし
26: 不要不急の名無しさん 2020/06/08(月) 06:43:17.02 ID:h/tsIdCo0
安くて草
27: 不要不急の名無しさん 2020/06/08(月) 06:43:32.52 ID:+B/Oq3JJ0
本物の虎徹だったら1000 万円くらいするだろうな
29: 不要不急の名無しさん 2020/06/08(月) 06:44:47.66 ID:L0nYXkgx0
そもそも骨董品の世界では虎徹の贋作率は異常、って
言われてますしね。虎徹を見たら贋作と思え、とも
46: 不要不急の名無しさん 2020/06/08(月) 06:56:47.44 ID:PyrxlrfR0
>>29
ストラディバリウスといい勝負だよな
なかには一見してわかるひでぇものもあるけど
よくできた贋作はホント見分けが付かねぇよ

音も似たような状態だと真作ってなんだろなって思うわ

30: 不要不急の名無しさん 2020/06/08(月) 06:46:26.31 ID:yrPNJzAo0
あの時代なら切れりゃ何でも良かったんじゃね?取り敢えず有名どころの名前で呼ぶ
35: 不要不急の名無しさん 2020/06/08(月) 06:50:15.42 ID:L0nYXkgx0
>>30
当時の刀匠が自分が「よく出来た!」と思った刀に勝手に虎徹って
銘を入れたっていうのが一般的な偽虎徹だったとか。それが本当だ
ったら品質そのものは悪くない筈

ちなみに土方歳三の兼定も当代の兼定の作品でノサダっていうのは
司馬遼太郎の創作

37: 不要不急の名無しさん 2020/06/08(月) 06:50:29.49 ID:RepNG4of0
>>30
プロ野球のバットみたいなもんだしなw
34: 不要不急の名無しさん 2020/06/08(月) 06:50:03.08 ID:/JWqyD8+0
るーるる るるる るーるる
るるる るーるーるーるー るーるるー
61: 不要不急の名無しさん 2020/06/08(月) 07:04:52.52 ID:Oy+E5RpO0
>>34
それは鉄子な
39: 不要不急の名無しさん 2020/06/08(月) 06:51:00.22 ID:XuU7qkiv0
虎徹としてはニセモノでも、近藤さんが持ってた「例の虎徹」なら
そっちの価値に値段が付きそうな気もするけど100万円にもならないのか。
日本刀業界じゃ「近藤勇の虎徹」のニセモノがワンサカ出回ってるとか?

ちなみに「近藤勇の虎徹」は溶かされて別の刀になったと思ってました。

41: 不要不急の名無しさん 2020/06/08(月) 06:51:01.23 ID:FdE2GRfv0
これか。茎(なかご)が大きく、切っ先の小さい幕末体型だな。
虎徹(こてつ)ではないけれど、実戦用の型だ。
近藤勇の「虎徹」は偽物で、源清麿の作ったものという説もあったけど、
源清麿でもないようだな。
この刀は幕末に作られた実戦用の刀だ。
刀は有名刀工の刀だから切れるというわけでもないし、強靭というわけでもない。
戦前の軍刀試験では、刃文もはっきりせず、見栄えのしない地方刀工の作品が
最も強靭だったという報告もある。
この刀は、近藤勇が実戦に使えると思って買ったんだろ。
no title
45: 不要不急の名無しさん 2020/06/08(月) 06:53:46.34 ID:+JCMM+6U0
腕っ節は沖田のが上
知名度は土方のが上
知能では山南のが上
刀は贋作掴まされて打ち首獄門とかどうしようもねえなw
50: 不要不急の名無しさん 2020/06/08(月) 06:59:47.99 ID:PyrxlrfR0
>>45
でもカリスマ性で人をまとめ上げるのには彼の右に出るヤツはいなかったんじゃね???
じゃなかったら自首を勧められたりしねぇよ
117: 不要不急の名無しさん 2020/06/08(月) 07:53:24.54 ID:VbhQ8zea0
>>45
求心力では近藤が一番
土方が組長では裏切り続出だな
52: 不要不急の名無しさん 2020/06/08(月) 07:00:25.29 ID:TMkOeUNk0
新撰組っていろいろ作品になってるけど、実際のところ田舎道場の剣豪気取りの連中が京都で半グレしてたんだよな
本当に強かったのかな
江戸の町道場のが強いんじゃない?
86: 不要不急の名無しさん 2020/06/08(月) 07:18:59.81 ID:PyrxlrfR0
>>52
坂本、桂 このへんは塾頭やっていたからな
でもそういうひとってむやみやたらに剣をふりまわさねぇんだよな
逃げの桂っていわれたくらいだからな・・・
もっとも勝も免許皆伝だったそうだが・・・
あのへんはどうもうさんくさいよな・・・

ま、実際はなんだかんだいって常に死を覚悟していたヤツが強いっていうのは定説なんだよな
だから戦後の日本でも特攻崩れにはみんな手を出せなかった・・・

69: 不要不急の名無しさん 2020/06/08(月) 07:08:08.71 ID:FdE2GRfv0
うろ覚えだけど、確か近藤勇は沖田総司(だったと思う)に、
「大阪新刀は見た目にはきれいだが実戦で使うと折れるから、
実戦で使ってはいけない」と言ったという。

大阪新刀、津田越前守助広。この刀は見た目にはキレイだけど、
折れるんだよな。まあ刀の好きな人はみんな知ってるけど。
この刃文、すなわち濤乱刃(とうらんば)を表現したということに価値があるんであって、
実戦では、また話が違うんだよな。まあこれは好みの問題だけど。
今、実際に実戦で使うわけではないから、見た目にキレイならそれで良いって人もいて、
それはその人の好みだから、それで良いわけだ。
(↓)
no title

98: 不要不急の名無しさん 2020/06/08(月) 07:27:11.29 ID:FdE2GRfv0
近藤勇って実は虎徹(偽物)の他にも、各種の刀を持っていて、どれも実戦用に強い型をしてるな。

陸奥大掾三善長道(むつのだいじょう、みよし ながみち)は松平容保からの拝領刀だから、
近藤勇が自分で選んだというわけでもないんだよな。この刀は見た目にきれいで切れるけど、
実際に打ち合うと刃がこぼれるかもな。

阿州吉川六郎源祐芳(あしゅう、きっかわ ろくろう、みなもとのすけよし)
近藤勇が最後に持っていた刀。
茎(なかご)が大きく、切っ先の小さい幕末体型。
完全に実戦だけ考えてる刀。打ち合って最も強健で折れない。しかも切れる。
今回出て来た近藤勇の「虎徹」に良く似てるわ。
近藤勇はこの型の刀が好きだったんだろうな。
やっぱり命のやり取りをする実戦では、阿州吉川六郎源祐芳が良いな。

歴史館ニュース
104: 不要不急の名無しさん 2020/06/08(月) 07:34:52.03 ID:NjU0MDI/0
僕は、足利茶々丸ちゃん!
∧_∧
◯(´∀`)◯
\   /
_/ __ \_
(_/  \_)

|||

153: 不要不急の名無しさん 2020/06/08(月) 08:31:36.46 ID:5CDMM/nM0
本物の虎徹ではなかったのか。偽ブランド品だったとは

良くある誤解

近藤勇の虎徹
「今宵の虎徹は血に飢えている」などといった台詞で芝居や映画になじみのある近藤勇の虎徹。本当に虎徹を持っていたのでしょうか?どうやら違うようです。

虎徹(こてつ)とは江戸の巨匠で新刀期に活躍した愛刀家垂涎の的です。近藤勇のような武士ではとても買えない代物です。
では何を持っていたのでしょうか。それはその時代の巨匠、源清麿(みなもとの きよまろ)という刀工のものだったようです。
清麿といえば、現在では愛刀家の垂涎の的ですが、その当時は新作刀です。
しかしながら、「四谷正宗(よつやまさむね)」といわれるくらいの巨匠です。
これを当時偽銘の名人であった鍛治平(かじへい)こと細田平次郎直光に虎徹の偽銘を切らせ、売ったらしいです。
名匠清麿の刀、さぞかし活躍したことでしょう。

154: 不要不急の名無しさん 2020/06/08(月) 08:32:23.17 ID:ZQNTU4et0
https://meitou.info/index.php/%E8%8E%E5%BE%B9#f4e883b9
この4本目って書かれてるやつか
155: 不要不急の名無しさん 2020/06/08(月) 08:33:44.46 ID:TzHawhp00
たった95万なのか
283: 不要不急の名無しさん 2020/06/08(月) 18:25:29.70 ID:YB/Tzr9z0
【米】ウルヴァリンの「刀」を装着した白人、Black Lives Matter参加の若者たちを襲撃 ※動画あり [靄々★]
【米】ウルヴァリンの「刀」を装着した白人、Black Lives Matter参加の若者たちを襲撃 ※動画あり [靄々★]

これはいくらだろうな

284: 不要不急の名無しさん 2020/06/08(月) 18:33:04.74 ID:obFTSZXq0

引用元: https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1591565217/

コメントを残す

タイトルとURLをコピーしました